教育会館線画 公益財団法人横須賀三浦教育会館

どなたでも気軽にホール・会議室をご利用いただけます

〒238-0006 横須賀市日の出町3−19−16 TEL 046-824-0683 FAX 046-824-0683



「前回2016年度 面白歴史散歩」



お知らせ

6月23日、事務局雑感、更新。「夏の公益事業」お知らせ、掲載。「おやこdeアート」お知らせ、掲載。


「ミニ・オペラガラコンサート in YOKOSUKA」お知らせ
2017年度情報公開


更新は通常第2、第4金曜日に行います。
*教育会館催し物 2017年度年間予定表
*当会館事業の受付は、月〜金曜日
                         (9:00〜17:00)です。









ミニ・オペラガラコンサート in YOKOSUKA

(詳細・印刷用はこちらです)
このページのトップに戻る
2017年度夏公益事業 1.算数教室 「計算力UP,UP(アップ・アップ)講座」 2.第8回 夏休み子どもリコーダー教室 3.図工教室 「貝のろうそくたて」を作ろう. 4.作文教室 ボクの「思い」・私の「考え」を書こう 5.科学工作教室 えっ. どうして.

(詳細・印刷用はこちらです)
このページのトップに戻る
おやこ de アート 2017/ 8/22,23 おやこdeアートは、自由にものを作り出す楽しさを おやこで体験できる場所です。 作品のテーマや課題はありません。 普段できないダイナミックなアートを楽しんでみませんか? 色々な画材を用意してお待ちしています!

(詳細・印刷用はこちらです)
このページのトップに戻る





あきれるばかりの政府答弁

 加計学園に関する内閣府からの「官邸の最高レベルと言っている」などの文書について、官房長官は出所不明の「怪文書」と言い切り、存在を認めた前文科省事務次官を個人攻撃。文科省幹部は、名前をあげての質問に「いま名前を挙げていただいた人と同性同名の職員はいた」と答え、大臣は「出どころ、入手経路が明らかでない場合は内容の確認はできない」と拒んできました。副大臣にいたっては、「内部告発は守秘義務違反」と告発者を脅すような発言。
 さらに、首相までが質問に対し真摯に正面から答えず、「くだらない質問」「いい加減なことを言うな」と自席からヤジ。これには情けない気分にさせられました。NHKの世論調査でも、政府の説明に納得できるか聞いたところ、「納得できる」が25%、「納得できない」が65%の結果です。
 一転、文科省は文書の存在は認めたものの、その内容について内閣府が認めずに国会が閉じられました。「共謀罪」法についても、国民が納得する議論もなく異例の強行採決で成立。政府の情報公開に対する後ろ向きな姿勢と異論に耳を貸さない答弁を見ても、あきれ、驚き不信が募るばかりでした。これら強権政治は民主主義の崩壊です。
 首相は通常国会が閉会後、「深く反省、今後も国民に丁寧に分かるよう説明していきたい」と何回も聞いたことがある言葉を述べました。今回もその場しのぎの口先だけでしょうか。本当に反省するならば、証人喚問などに応じ事実を明らかにし審議を深めるべきです。
 憲法第15条(2)「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」とあります。政府は、透明性と公平性を基本に世論や異論に耳を傾け、情報公開をすすめ、国民が納得できるよう誠実に答える義務があります。
 政府と国会こそが、民主主義の範を示してほしいものです。

2017/ 6/23



                                                (これまでの事務局雑感はこちらです)
このページのトップに戻る
Get Adobe Reader PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

公益財団法人 横須賀三浦教育会館

HOME

ホール・会議室
利用案内

フロアガイド・
アクセスマップ

イベント・
サークル情報

催し物年間予定

ギャラリー

情報公開

教文研事業
(教育相談他)

リンク

更新履歴

カウンター

2008/08/04より