教育会館線画 公益財団法人横須賀三浦教育会館

どなたでも気軽にホール・会議室をご利用いただけます

〒238-0006 横須賀市日の出町3−19−16 TEL 046-824-0683 FAX 046-824-0683






「サイエンスショー」
 2019/11/16

お知らせ

12月13日、「事務局雑感」更新。2020年度「ふれあいコンサート」お知らせ、掲載。2020年度「ふれあいコンサート会員募集」

第1回「教育会館名曲セミナー」お知らせ
第79回「教育会館ふれあいコンサート」お知らせ

*大人のフルートサークル会員募集。
*大人のピアノ教室生徒募集。
*大人のリコーダーサークル会員募集。
*ボイストレーニング 歌声広場会員募集。

2019年度情報公開

更新は通常第2、第4金曜日に行います。
*教育会館催し物 2019年度年間予定表
*当会館事業の受付は、月〜金曜日
                         (9:00〜17:00)です。


















第1回教育会館名曲セミナー 宮谷理香
(詳細・印刷用はこちらです)
このページのトップに戻る
(詳細・印刷用はこちらです)
このページのトップに戻る
2020年度ふれあいコンサート
(詳細・印刷用はこちらです)
このページのトップに戻る
2020年度「ふれあいコンサート会員募集」
(詳細・印刷用はこちらです)
このページのトップに戻る




期待できない「教員の働き方改革法案」成立
  〜ますます教員と子どもが犠牲に〜

 公立学校教員の働き方改革の一環で、勤務時間を年単位で調整する変形労働時間制の導入を柱とする「改正教職員給与特別措置法(給特法)」が12月4日、参院本会議で成立しました。2021年度から繁忙期に勤務時間を延ばし、延長分の勤務時間を夏休みなどに休日としてまとめ取りできるようにするものです。
 文部科学省によると、「小学校教員の約3割、中学校教員の6割が、月に80時間以上の時間外労働をしている」という調査結果が出ています。「月に80時間以上の残業」は、いわゆる「過労死ライン」です。多くの小中学校の教員が過労死ラインで日々働いている現状は非常に深刻です。学校現場からは、夏休み中も研修や部活動などに追われる教員が多く、長時間労働が常態化している現状を追認し、助長させるだけとの不安の声が上がっています。
 2020年度からは、英語教育の早期化(小3・4年)・教科化(小5・6年)、小学校へのプログラミング教育の導入、道徳はすでに教科化されており、評価をつけなければならないなど、教員の負担はますます増大します。これでは、教員と子どもが犠牲になるのは明らかです。現状でも過労死や自殺する教員が増え、心疾患で休職している教員は、全国で5000人を超えています。
 法政大学特任教授の尾木直樹さんは、「本気で手をうたなければダメです。学校がつぶれると思っています。大胆な労働時間の改善など、抜本的な対策に踏み切らないと、日本の子どもたちと教育は窒息しかねません」と述べています。同じように感じている教育関係者は多くいます。
 教員の働き方改革には、第一に教員を増やすことです。第二は業務の精選です。問題の給特法をはじめ教員の給与体系の見直しも必要です。これにはお金がかかります。経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で教育費が最も少ないのが日本だそうです。政府は、教育費の大幅な増額を図り、教員が活き活きと活動でき、魅力ある学校を創造するための条件整備を図る責任があるのではないでしょうか。

2019/12/13



                                                (これまでの事務局雑感はこちらです)
このページのトップに戻る


Get Adobe Reader PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

公益財団法人 横須賀三浦教育会館

HOME

ホール・会議室
利用案内

フロアガイド・
アクセスマップ

イベント・
サークル情報

催し物年間予定

ギャラリー

情報公開

教文研事業
(教育相談他)

リンク

更新履歴

カウンター

2008/08/04より