教育会館線画 公益財団法人横須賀三浦教育会館

どなたでも気軽にホール・会議室をご利用いただけます

〒238-0006 横須賀市日の出町3−19−16 TEL 046-824-0683 FAX 046-824-0683



山田武彦 『G. Gershwin/
      Rhapsody in Blue 』

(You Tubeよりリンク)




お知らせ

2月8日、「書記局雑感」、更新。

「教育会館からのお知らせ」1/18
「親と子の自然かんさつ会」お知らせ。
第75回「教育会館ふれあいコンサート」お知らせ
第74回「教育会館ふれあいコンサート」お知らせ
「教育会館ふれあいコンサート 2019年度 会 員 募 集 !」お知らせ

2018年度情報公開

更新は通常第2、第4金曜日に行います。
*教育会館催し物 2018年度年間予定表
*当会館事業の受付は、月〜金曜日
                         (9:00〜17:00)です。

















(印刷用はこちらです)
このページのトップに戻る
(会員申し込みはこちらです)(詳細・印刷用はこちらです)
このページのトップに戻る

(詳細・印刷用はこちらです)
このページのトップに戻る

(詳細・印刷用はこちらです)
このページのトップに戻る
(詳細・印刷用はこちらです)
このページのトップに戻る




教育相談を通じて思うこと

 最近は不登校の背景に心理的なものだけでなく、身体的な不調があることが多く、医療との連携が大切になっていることを感じます。その中に自律神経の失調という問題があります。これは検査では異常がないと言われることが多いのですが、めまい、立ち眩み、強い倦怠感、腹痛や頭痛など本人でないとわからない不調が続くので、家族だけでなく学校の先生たちや本人までもが「気持ちの問題」「なまけ」などと誤解されることが多いのです。
 症状に適した医療機関を受診して正しい病識が持てれば、対応の仕方も変わり、ストレスも減って体調も少しずつですが改善が早まったりするのですが、多くはそれができないまま本人も家族も追い詰められてしまうようです。こうした相談には、適した医療機関を紹介したり学習の遅れに対して、近隣の県立大学で看護を学ぶ学生を家庭講師などに紹介したりすることもあります。
 ここのところ、マスメディアで虐待の事件がよくとりあげられています。こちらの相談室にもDVの悩みなどで相談してくる方がいらっしゃいます。母親が父親の暴力を止められず悲劇が起こってしまう場合が多く、暴力によって夫婦関係がつながってしまっていることが多いので解決が困難になっています。子どもに、母親が父親に暴力を振るわれている姿や、物音、声などを見聞きさせてしまうのは、すさまじい虐待です。相談者にはそのことをしっかり理解してもらって、一刻も早くそこからの逃避をお勧めしています。
 相談には深刻なものも多いのですが、多くは日々の子育ての不安や、学校での様子に少し心配しすぎてしまっていることも多いのでゆっくりと耳を傾け、子育てへの自信、お子さんへの信頼を取り戻してもらうようにしています。
 子どものために自分はどうすればいいのか、何ができるのか、すがるような思いで相談される姿に、そして一生懸命話された後、自分で解決の糸口をつかんでいく姿に、感動すら覚える日々です。子育てはいつの日も手探りです。教育相談室は、様々な悩みや悲しみ苦しみの声に耳を傾けています。


2019/ 2/ 8



                                                (これまでの事務局雑感はこちらです)
このページのトップに戻る
Get Adobe Reader PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

公益財団法人 横須賀三浦教育会館

HOME

ホール・会議室
利用案内

フロアガイド・
アクセスマップ

イベント・
サークル情報

催し物年間予定

ギャラリー

情報公開

教文研事業
(教育相談他)

リンク

更新履歴

カウンター

2008/08/04より